インプラント治療でコンプレックスを解消する

ロゴ

治療前に知っておきたい情報

歯

インプラント治療で気になること

インプラント治療をする前に知っておきたいこととは・・・?

READ MORE
歯科インプラント

アフターケアで長持ちさせよう

インプラント治療を受けたあとは、定期的にアフターケアを行ないましょう。その方法とは?

READ MORE

歯の悩みを抱えている人

病気や怪我などで、歯を失ってしまった人の中には入れ歯や差し歯が合わずに悩んでいるという人もいます。そういった人は、入れ歯や差し歯以外の治療方法を見つけてみましょう。

インプラント治療とはどんなもの?

歯医者

インプラントとは

失ってしまった歯の変わりに、人工的に作られた歯を使うという面で入れ歯や差し歯と同じような種類になりますが使用面や見た目はまったく違う種類の人工歯です。インプラントとは、人工的に作った歯根を顎骨に埋め込み結合した時期を見計らってアバットメントや上部構造の歯を取り付けていきます。そのため、今まで使われていたブリッジ治療のときよりも健康な歯に対するダメージを減らすことができるようになりました。

入れ歯や差し歯との違い

部分入れ歯や差し歯とインプラントの違いは、その治療方法や効果にあります。入れ歯や差し歯は健康な歯を削って治療する場合があるため、ダメージを与えてしまう可能性があると言われています。しかし、インプラント治療の場合は治療費は高くつくものの健康な歯への負担が少ないため、残っている歯を守ることができるのです。また、入れ歯や差し歯は、天然の歯に比べると噛む力が弱いため固い物を食べるときに苦労してしまったという悩みも報告されています。しかし、インプラントは顎の骨に定着させることで自然な歯と同じように噛むことができるため、固い物でも気軽に食べることができるようになります。

上部構造で見た目が変わる

歯の見た目にこだわっているという人は、上部構造の種類をしっかりと選んでおきましょう。上部構造に使用する種類によって見た目や効果が変わってしまいます。
例えば、
・セラミック・・・オールセラミックという種類があり金属アレルギーの人や見た目を重視する人から人気を集めています。セラミックで作られた上部構造は、自然な歯と同じような透明感があるため前歯などの治療に最適です。
・ハイブリッドセラミック・・・セラミックとプラスチック二つの素材を混ぜて作っています。そのため、硬さと粘り強さがあり、自然な歯に近い噛み心地を実感することができるといわれています。また、口の中でインプラン治療をした歯が欠けてしまった場合でも、口腔内で修理することができるため安心です。
・ジルコニア・・・審美性の高い歯として、見た目を気にする多くの人から注目されています。その他にも、柔軟性のある素材とも言われているため、歯と歯の噛み合わせが原因で生じる歯のダメージを防ぐことができるのです。
・メタルボンド・・・金属ででき上部構造の外側からセラミックをかぶせるといった方法で作られた物です。中心部分は金属でできているため、他の素材よりも強度があると言われています。また、変色しにくいという特徴もあるため、変色しにくいタイプを利用したいという人から人気を集めています。

生命保険が使える

インプラント治療は、健康保険を使うことができないため治療にかかる費用が全て自費になってしまうというデメリットがありました。しかし、最近は生命保険を使って治療を受けることができるようになりました。生命保険でインプラント治療にかかる費用を賄う場合は、先進医療のプランが含まれている生命保険に加入することが必要になります。また、先進医療の認定を受けたクリニックで、審美目的ではなく歯周病や怪我、病気などが理由で治療を受ける人というふうに限定されているため、気になる人は調べてみましょう。

広告募集中