治療終了後はしっかりとケアをしましょう

ロゴ

アフターケアで長持ちさせよう

歯科インプラント

自宅でできるケア方法

インプラントを長持ちさせたいと思っている人は、自宅でできるセルフケア方法に力をいれましょう。セルフケアの方法で一番重要なのは、歯磨きです。どんなに歯科で治療をしても歯磨きを怠ってしまうと細菌が繁殖しインプラントや天然の歯にダメージを与え病気の原因になってしまいます。インプラントを少しでも長持ちさせたいという人は、食事をした後や起床後、寝る前など小まめに磨いて下さい。

デンタルグッズを使ってみよう

細かい部分もしっかりと磨きたいという人は、プラウトブラシやデンタルフロスを使ってみましょう。プラウトブラシは、奥歯やインプラント治療をした歯など磨きにくいと言われている部分の歯を磨くことに適した部分用歯ブラシです。デンタルフロスは、歯と歯の間にある汚れや磨き残しを取り除くことができる細い糸状のブラシです。デンタルフロスには、フッ素加工がされているため歯間や歯周ポケット周辺をコーティングすることができます。

歯磨き粉を使い分ける

綺麗に歯を磨くために、歯磨き粉を多く使用するという人は少なくありませんが実はこの方法は間違いです。歯磨き粉を多く使用しても、虫歯予防効果があるとは限りません。歯磨き粉の効果をしっかりと出すためには、歯ブラヘッド部分の3分の1程の量を使って磨くようにしましょう。そうすることで、余計な泡立ちを防ぐことができしっかりと磨くことができます。

歯科で定期検診を受ける

自宅でしっかりセルフケアをしていても、歯石除去などは自分ですることはできません。そのため、半年に一回は歯科に通ってインプラントの状態や残りの歯の状態を確認してもらいましょう。定期検診では、噛み合わせの確認、歯茎の状態確認、歯の汚れ確認を行ないます。歯石が溜まっている場合は、歯石の除去も行ないます。その他にも、問診やレントゲンなどで細かく確認することができるため、以上があれば直ぐに見つけることができると言われています。生命保険を使って治療を受けたという人は、どの範囲までが保険対象内なのか確認しておきましょう。定期検診も保険対象になれば負担を減らすことができます。

広告募集中